出張先では飲み会などお客様方との交流も多々あるので、かなり顔の浮腫みや体の不調など半端ない状態になることが多く、困っていました。浮腫みをすぐ解消できればよいですが、なかなか難しいので、自分にあった施術を行ってくれる出張マッサージがあると知り、ビジネスホテル経由で予約してもらいました。けっこう出張中に不調を感じるケースが多いようで、出張マッサージを利用する方も沢山いるため、早めに予約をとらないと他の方でいっぱいになってしまうとのことでした。なので、すぐ出張マッサージの予約を取り、仕事から戻ったらすぐ施術を受けることにしました。次回からは宿泊日程が決まったらすぐ出張マッサージの予約を取るようにしました。施術は全身をほぐしてもらいますが、かなりポカポカになり、血行も良くなって体が軽くなるのがわかるし、コンディションがよいと仕事もはかどるので、なかなか満足できる仕事ができるようになったのを実感できます。

憧れの東京、憧れの銀座

北海道に住んでいる私が初めて銀座を訪れたのは大学生の時でした。ファッションが大好きだった私は以前から東京に憧れがあり特にセレブの街と名高い銀座には特別な魅力を感じていました。そして大学4年生の夏に友人と共についにその憧れの街、銀座を訪問しました。銀座は私の思い描いていたイメージを良い意味で裏切ってくれました。高級感のあるビルや百貨店の街並みだけではなく、トイレなど人目の付きにくい場所まで、ただ綺麗なだけではなく高級感を感じ、それが他の街とは違う大きな特別感を感じました。また行きかう人の波はもちろん街を走る車もセレブの街のイメージを崩さない高級車の数々、もちろんすべてがそうではないのですが、煌びやかな街並みですべてにセレブ感を持たせてしまうのは銀座の一番の魅力かもしれません。それを感じさせる一番の具体例がユニクロの銀座店です。ファストファッションブランドとして庶民派、低価格なイメージの強いユニクロでさえも銀座店は他の店舗とは一線を画するものでした。ビビットカラーを斬新に散らした内装と大画面の液晶パネルを利用した洋服の提案はまるで高級ブランドのセレクトショップにいるような感覚になりました。販売員も日本人だけではなく欧米系の外国人スタッフが多数配属され、世界各国のセレブに対応できるような印象と特別感が演出されていました。

トップに戻る